なぜ虫歯予防が大切なの?

 それは、虫歯で歯を削って詰めた時から、その歯の寿命が決まってしまうからです。ちょっと昔(95年)ですけど、修復物の平均使用年数をお調べになった先生がいらっしゃいます。

修復物
(むし歯の治し方)
2次ウ触
(詰め物の周りがまた虫歯)
脱落
(詰め物が取れた)
歯髄炎
(冷たいものや温かいものがしみる)
平均使用年数
レジン充填
(白い詰め物)
5.1 3.3 5.6 5.2
インレー
(銀色の詰め物)
5.8 4.1 5.3 5.4
鋳造クラウン
(銀色の被せ物)
8.2 6.2 8.9 7.1
ブリッジ
(銀色の被せ物)
10.1 6.2 7.5 8.0

表 修復物の平均使用年数

【注意】 平均使用年数は破折などのその他の原因含むため、修復物の保障期間ではありません。手入れが悪ければ当然期間は短くなると思われすし、またよければ期間は長くなると思われます。

銀色の被せ物(鋳造クラウン・ブリッジ)をしたことのある人は、分かると思いますが、どんなに大きな被せ物でも、最初は小さな虫歯の治療(レジン充填・インレー)からだったと思います。上の表からこんな事も想像できます。

10歳 小さな虫歯の治療、レジン充填またはインレーで修復
15歳 修復物の周りが虫歯に、前より一回り大きく修復。
(レジン充填・インレーで修復)
20歳 修復物の周りや中がまた虫歯に、前の修復物よりさらに大きく修復
(なんとかレジン充填・インレーで修復)
25歳 修復物の周りや中がまたまた虫歯、神経の処置をして大きく被せる
(鋳造クラウンで修復)
33歳 修復物の周り(被せ物と歯ぐきの境界)が虫歯、また被せ直す。
(再度、鋳造クラウンで修復)
41歳 修復物の周り(被せ物と歯ぐきの境界)がまた虫歯、またまた被せ直す。
(なんとか鋳造クラウンで修復)
47歳 修復物が脱離、歯の根がもう使えない。抜歯へ

つまり、仮に10歳の時に小さな虫歯の治療をしたとすると、約40年後の50歳には抜歯、ということが起こりうるということです。また虫歯を放置した結果、最初から大きな被せ物が必要な大きな虫歯の歯では、抜歯までの期間が短くなることが想像できます。

  しかし、これはあくまでも平均使用年数であるため、手入れの仕方によっては、抜歯までの期間を長くしたり、被せ物のままとどめておくことは、十分可能です。
そのためには、虫歯予防です。

火事(ムシ歯)になってから、消す(治療)のは非常に大変です。
消火(治療)よりは防火(予防)が第一。

当医院ではむし歯にならないために、治療した歯を長く使用するために、 定期健診リスク検査を実施しています。
残念ながら抜歯せざるおえないような虫歯には、 最新のインプラント治療も実施しています。

copy right Suzuki Dental clinic


TOP