あなたにピッタリ合う入れ歯・義歯があります!
(BPSエステティックデンチャー®)

矢印

群馬県伊勢崎市のすずき歯科では、あなたの「入れ歯に対するイメージ」をくつがえすような「世界に通用する」の入れ歯をご用意しております。
自然な口元を演出する、世界に一つ、あなただけのオリジナル入れ歯をぜひ手にしてください。

保険診療の限界!? ~特に総入れ歯では~

入れ歯を作る際には、日本の医療制度のもとでは「保険で作りますか? 自費で質の高いものを作りますか?」と私たちは皆さんに聞かざるを得ません。
日本の医療制度は「皆保険」として優れた制度ですが、「皆保険」ゆえに、一番優先されることは全ての国民に支給されることが最優先です。
国の予算が限られる以上、治療は制限されたものになり、どんな人にも同じ治療方法、同じ回数の治療しか認められていないのです。
「保険の義歯と自費の義歯の違いは何ですか?」とよく患者さんに聞かれます。皆さんは材料の違いが一番か、と思われるかもしれませんが、実は、それは全体の要素の2割程度ではないか、と考えています。残りの8割ははっきりと言えば「かける手間と、それに見合った細かい形の仕上げの違いと、職人の技量」と言ってほぼ間違いないと思います。
洋服を例に上げで考えてみましょう。
「量販店で販売している洋服」と「オートクチュールによるフルオーダーメイドの洋服」の違いではないでしょうか。生地の値段はもちろん違いますが、それは販売価格の差額のごく一部。それ以上に違うのは仕立てにかける時間と手間でしょう。それが着た時の微妙な着心地の違いや長持ちに繋がってきます。入れ歯の違いも同じことです。
人の背丈が皆違うように、お口の中も状態も全員違います。各々が違う口の中に、ぴったり合う入れ歯を、決められた手順・治療回数で作るのは不可能だと思いませんか?

リハビリ用入れ歯(治療用義歯)

そこで、すずき歯科医院では、BPSエステティックデンチャー®を作成する前に、リハビリ用入れ歯(治療用義歯)を作成します。つまり、入れ歯を2組作るのです。
誰でもいきなり、いきなり入れ歯になったりしませんよね。
被せ物が外れてダメになり反対側で咬んでいたら、今度は咬んでいた側の被せ物が外れて・・・、
こんな経緯を経て入れ歯になったはずです。
では、今の咬みあわせの位置は本当に正しい位置なのでしょうか?
咬みあわせの位置の確認・修正、入れ歯の形の確認・修正、お口の粘膜の調整をしてくれるのが、リハビリ用入れ歯(治療用義歯)なんです。
リハビリ用入れ歯(治療用義歯)を使っていただき、問題点を修正していき、そこからBPSエステティックデンチャー®を作成していきます。

2007年BPS世界大会優勝者による、
BPSエステティックデンチャー®

BPSエステティックデンチャー®は、ヨーロッパの最先端義歯製作技術「BPSシステム」を活用して製作する世界トップクラス品質の入れ歯・義歯です。今までの義歯(入れ歯)とは製作過程がまったく異なるフルオーダーメイド義歯です。歯科技工士の立ち会いのもと、お口の状態をチェックし、顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら製作していきます。

この義歯を作る際は、東京都大田区の「株式会社 Dental Labor IDT」の代表歯科技工士の岩城謙二さんを当院までお呼びして、当会理事の鈴木容子と患者さんとの3人で相談・協力していきながら製作していきます。この岩城さんは、入れ歯の世界コンテストで優勝をした実力の持ち主です。全世界で約3000人だけしかいない、入れ歯のスペシャリストの証であるBPS認定技工士の中でも、さらにトップクラスの技工士が集まるコンテストに出場し、2007年にグランプリの栄冠を手にしております。

岩城さんを紹介するテレビ番組【トリマキーマン】がありますので、一度ご覧ください。

ちなみに、3:30秒頃に映っている症例はすずき歯科医院で施術した症例です

群馬県内で、「株式会社 Dental Labor IDT」と業務提携している医院は、現時点(H29年11月)では当院だけのようです。世界基準の義歯を体験してみませんか?

BPSエステティックデンチャー®の機能性と審美性

BPSエステティックデンチャー®の「機能性」

入れ歯の役割としてもっとも大切なことは、こういった「機能性」であるはずです。一人ひとりの患者様の筋肉の動きや顎関節の動きなどにも目を向けて、まるで自分の歯のように快適な入れ歯を目指しています。

長く使える入れ歯作り

加齢による顎の関節や筋肉の衰えをさらに進行させないよう、そして悪い方向に向かわないよう、入れ歯によって全身のバランスを維持する工夫をしていきます。何度も作り直しをすることなく長く使える入れ歯を目指しています。

機能的な入れ歯作り

下のアゴは、前後・左右・上下と3次元的に動きます。入れ歯作りの際にはこのアゴの動きをできるだけ再現することが非常に大切です。実際の口の動きに近い形を再現し、機能的な入れ歯作りにつなげています

BPSエステティックデンチャー®の「審美性」

通常の入れ歯との比較

通常の入れ歯

入れ歯クリックで拡大

BPSエステティックデンチャー®

BPSエステティックデンチャークリックで拡大

従来からある入れ歯は、最低限の機能を回復させることを目的として作られています。ですから「見た目の美しさ」に欠けてしまっているのは、ある程度見過ごされていました。しかし「BPSエステティックデンチャー®」は、見た目の美しさにとことんこだわっています。

「BPSエステティックデンチャー®」は、限りなく天然歯に近い入れ歯を目指し、審美性にとことんこだわっています。歯の色合いや歯ぐきの形・血色など、自然で美しい見た目を追求。「入れ歯だということにまったく気付かれない」「年齢より10歳くらい若く見える」といった嬉しいご感想をいただいています。

copy right Suzuki Dental clinic


TOP